白色申告も記帳・帳簿保存が義務化!手書きでも可能?

2014年(平成26年)から白色申告でも、記帳と帳簿の保存が義務化されました。

以前は課税所得が300万円以下なら、記帳の義務は免除されていました。
現在は基本的に白色申告をする人(事業所得、不動産所得及び山林所得のある人)は全員、記帳と帳簿の保存をしなくてはいけません。

「記帳」と聞くと難しそうに感じませんか?
簿記を知らない素人でも、手書きで帳簿を簡単に付けることはできるのでしょうか?

初心者でも簡単に白色申告の記帳をする方法を調べた結果を、わかりやすく説明します。

手書きでも青色申告の帳簿を簡単に付けれる?調査した結果を公開!

節税メリットの大きい青色申告で確定申告をするには、1年間の取引を全て帳簿に記帳して集計しなければいけません。

一般的には税理士に業務をお願いすることになりますが、何万円もお金が掛かります。
できることなら、お金は払いたくはありませんよね?

簿記も何も持っていない素人でも、青色申告で帳簿を手書きで付けて確定申告ができるのでしょうか?

初心者でもわかりやすいように、調べた結果を詳しく説明します。

やよいの青色申告オンライン|弥生会計がMacでも使える!

やよいの青色申告オンラインは、会計ソフトとして圧倒的なシェアNo.1の弥生会計のオンライン版です。

今まではWindowsのパソコンにしか対応していませんでしたが、オンライン版はMacやiPad、Androidのタブレットに対応しています。
なんと、iPhoneやAndroidのスマホアプリもあります(!)。

「確定申告用のソフトで弥生ってあったな…他のソフトと比べてどうなんだろう?」
「Macで使えるなら試しに使ってみようかな」

今回紹介する「やよい青色申告オンライン」に関して、このように感じる人は多いと思います。
ネット上の口コミの評判だけでなく、実際に使ってみた感想や率直な意見も紹介します。

MFクラウド確定申告|freee,やよいと比較&評判を徹底解説!

「確定申告って面倒だし、よくわからない…」
このようなイメージを持っている人は多いと思います。

MFクラウド確定申告は、素人でも簡単に確定申告を済ませることができる会計ソフトです。

「会計ソフトのMFクラウド会計って、評判はどうなの?」
「他の確定申告ソフトのfreeeとか、やよいと比べて使いやすいの?」

今回紹介するMFクラウド確定申告に関して、このような疑問を持つ人は多いと思います。
ネットでの口コミ評価をまとめるだけでなく、私が実際に利用して感じた感想や率直な意見も紹介します。

freee (フリー)|評判のクラウド会計ソフトの口コミ評価

「会計」や「経理」といった業務は、「めんどくさい」、「ややこしい」といったイメージがありませんか?
こういった業務は避けて通りたいところですが、避けて通れません。

「会計ソフトのfreeeって、使いやすいって評判だけど本当?」
「freeeはMacで使えるの?クラウド型の会計ソフトって何?」

今回紹介するfreeeに関して、このような疑問を持つ人は多いと思います。

freeeは「面倒な経理処理を全自動で行ってくれる、クラウド型の会計ソフト」です。
ネットや2chでの口コミ評価をまとめるだけでなく、私が実際に利用して感じた感想や率直な意見も紹介します。

青色申告にも対応!おすすめ確定申告ソフトを徹底比較

確定申告は面倒な作業ですが、専業(フリーランス、個人事業主)、副業を問わず利益が出たら確定申告をして、税金を収めなければなりません。

とは言っても、できれば確定申告、特に複式簿記が必要な青色申告の手間は、最小限に抑えたいですよね?

  • 確定申告のソフトはどれを使えばいいか、わからない…
  • 白色申告だけでなくて、青色申告にも対応しているソフトを探している
  • できれば無料で使いたい

こういった悩みを持つ人は多いです。

「確定申告ソフトは使ったことがない…」
「確定申告は初めてで…」
といった人でも安心して使える、オススメな確定申告ソフトを比較しながら紹介します。

専従者給与と専従者控除|家族への給与で節税するコツ

確定申告で節税するコツとして、「家族へ給与を支払って経費にする」という方法があります。

・結婚していますか?
・奥さんは専業主婦ですか?

これらの条件に当てはまるなら、大きく節税するチャンスです。

ただし、専従者給与を活用するなら、注意するべき点があります。
賢く節税をするために、専従者給与を活用する時のポイントを「確定申告は初めて…」という人でも、わかりやすいように説明します。

専従者給与を支払うと配偶者控除が受けられないって本当?

賢く節税するためには、青色申告の専従者給与や、白色申告の専従者控除を利用することがポイントです。

数少ないデメリットとして、家族が青色、白色を問わず事業専従者になると、配偶者控除や扶養控除が受けられなくなります。

特に副業しているサラリーマンにとって、これが原因で会社に副業がバレるかもしれません。

青色申告と白色申告の違い・メリット・デメリット徹底解説!

最近、FXや株、ネット副業を始めるサラリーマンが増えてきています。
フリーランスや個人事業主だけでなく、サラリーマンでも副業で利益が出れば、確定申告をしなければなりません。

確定申告には「青色申告」と「白色申告」の2種類があります。

そもそも、「青色申告」「白色申告」とは何でしょうか?
どのような違いがあるのでしょうか?
それぞれのメリット、デメリットは何でしょうか?

これらの疑問について「確定申告をやったことがない…」といった初心者の人でもわかりやすいように説明します。

個人事業主に開業届は必要?メリットは?わかりやすく解説!

「開業届って何?出すといいことがあるの??」
「副業を始めようと思うんだけど、開業届は出さないといけないの?」

副業を始めようとすると、このような疑問を持つことがあると思います。
専業であれ、副業であれ、事業を始めるなら「開業届」を税務署に提出しなければなりません。

「面倒だな…」と感じると思いますが、開業届を出すことにより節税面で大きなメリットがあります。
ただ、開業届を出すとデメリットも発生します。

開業届を提出することによるメリットとデメリットを比較して、わかりやすく説明します。